Upcoming Presentation: Possibilities of Queer and Feminist Methodologies in Quantitative Research

On June 12, I will be presenting “Possibilities of Queer and Feminist Methodologies in Quantitative Research: Findings from the ‘LGBT Workplace Environment Survey 2015’” at the Annual Meeting of the Population Association of Japan (PAJ). The panel session “Sexual Minorities in Population Studies: Current State of Research in Japan” is the first session on sexual minorities at PAJ, so I’m very excited to give my presentation.

6月12日の日本人口学会にて「計量研究におけるクィア・フェミニスト方法論の可能性――『LGBT職場環境アンケート 2015』の分析結果から」という報告を行うことになりました。今回報告を行う企画セッション「セクシュアル・マイノリティに関する人口学的研究―日本における研究動向の今―」は日本人口学会初のセクシュアル・マイノリティに関するセッションということで、とても楽しみにしています。

Share Button